スカイ工法SKY WIND

耐風の強風にも耐える
耐風圧試験

スカイシートが台風の強風で飛ばされないか(財)日本建築総合試験所にて試験を行いました。高さ16メートルの屋根に風速40メートルの強風が吹いてもスカイシートが飛ばされないことが試験で分かりました。

太陽からの輻射熱を97%カット
耐風圧試験

平成30年2月15日に、財団法人 日本建築総合試験所が行った遮熱シートの耐風圧性試験結果です。

試験方法

幅2m×長さ3mの一般的な角はぜ形金属製折板屋根の屋外面に遮熱シート(サーモバリアスカイシート)を両面テープで貼り付け、遮熱シートに圧力を加えるために、折板屋根谷部および斜辺に合計24個(直径約25㎜)の穴を設けた。試験は段階的に加圧し、測定を行う。

試験結果

目標荷重は-2.55kPaとしたが、-3.25kPa以降の昇圧中に母屋間中央部で折板屋根が座屈して破壊したが、遮熱シートに破損や剥がれなどの異常は認められなかった。

粘着強度試験
お電話でのお問い合わせは TEL.058-385-0334 受付時間:9時~17時(土・日・祝日を除く)
体感キット&サンプル請求はこちら
メールでのお問い合わせはこちら
ページTOPへ