遮熱の効果”

サーモバリアの断熱性能

エアコン8台→2台へ 電気料金30%削減 厚い断熱材の代わりに、薄くて軽いサーモバリアを活用 屋根・内外壁施工の自由度も拡大します。

夏はもちろん冬の驚きの効果が実証されました!
屋根の改修工事にサーモバリアを使いました。5月に施工したのですが、施工直後に屋根裏の温度が10度ほど下がったので、これには驚きました。
今年は例年よりも涼しかったですが、夏場は毎年エアコン8台をフル稼働しますが、今年は2台稼動しただけですみました。
電気使用量も昨年のピーク時に比べて3分の2になっていましたので、かなりの経費節減が出来ていると思います。
とにかく朝出社してお店の中が涼しいと感じることがサーモバリアの効果の高さを物語っていると思います。
効果は夏場だけだと思っていましたが、冬の効果の方が大きかったのには驚きました。
冬場でも電気使用量が3分の1になったので、サーモバリアの節電効果に感謝です。

なんと!室温が冬は4℃、夏は6℃も改善  日曜大工奮闘記 お施主様自らが、サーモバリアを施工しました!
  • 「床下の施工」お客様レポートはこちら⇒
なんと!室温が冬は4℃、夏は6℃も改善  日曜大工奮闘記 お施主様自らが、サーモバリアを施工しました!
  • 「床下の施工」お客様レポートはこちら⇒
  • 「屋根裏の施工」お客様レポートはこちら⇒

遮熱の強み

サーモバリアと断熱材の遮熱効果の比較実験

実験方法
  • ●サーモバリアスリム(0.2ミリ)と、
       A社高性能断熱材(フェノールフォーム)を、
       それぞれ同一容積の箱を作成
  • ●ドウブチ(17ミリ)を当てサイディング(14ミリ)を
       取り付け内部に温度計を設置。
  • ●箱から30cmの距離に遠赤外線ヒーター1200W
       (表面温度:平均320度程度)を2台設置し、
       サイディングに照射しサイディングから発生する輻射熱に
       対しての内部の温度を測定。
実験結果
約3.0℃の温度差がありました。
実験比較画像

厚さわずか0.2mmのサーモバリアスリムが、 A社高性能断熱材を上回る結果となりました。

サーモバリアSとA社高性能断熱材の比較表

サーモバリアと断熱材の遮熱効果の比較実験

実験方法
  • ハロゲンライトの上に遮熱シートを当てて、光の透過を観測しました。
    *試験体:D社Tシルバー :弊社サーモバリアスリム(0.2㎜厚)
実験結果
約3.0℃の温度差がありました。

お電話でのお問い合わせは TEL.058-385-0334 受付時間:9時~17時(土・日・祝日を除く)
体感キット&サンプル請求はこちら
メールでのお問い合わせはこちら

室内隠蔽タイプ

  • 夏はもちろん、冬の室内反射に サーモバリア-W
  • 壁面に最適!極薄シートタイプ サーモバリア スリム
  • あらゆる部位に使用が可能!サーモバリア-S
  • 細かい穴が湿気を逃す サーモバリア エアー

屋外露出タイプ

  • サーモバリア 折板屋根遮断熱工法
  • 両面テープ接着工法 サーモバリア スカイ工法
  • 屋根上に貼れる遮熱シート サーモバリア トップ
推薦のお言葉
サーモバリア標準施工マニュアル
スカイ工法
遮断熱工法
熱の仕組みサーモバリアについて
お申し込みはこちら
会社紹介

株式会社ライフテック
岐阜県各務原市鵜沼古市場町
4-16-3

TEL:058-385-0334
FAX:058-385-3286

国土交通省不燃認定NM-2805
※サーモバリアSにて取得

ページTOPへ